こんばんは!

心理カウンセラーのRan-Ranです。

いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、前々回から「発想の転換」について綴っています。

さくっとまとめると…

・発想の転換力=マイナスをプラスに切り替える力

・発想の転換=物事の「側面」を観ること

・発想を転換させる方法:「本当に、○○でしかないの?」と問い掛けること

以上をお伝えしてきました。

 

そして今回は、

「本当に、○○でしかないの?」と問い掛けた後の大切な“作業”・“心構え”についてお伝えしますね♪

 

●可能性の芽を摘むもの

発想の転換|セラピーならRan-Ran「本当に、○○でしかないの?」と自分に問い掛けかけてみると、

今まで見えてこなかった「側面」、、、「可能性」が浮かんできます。

 

「いや、—かもしれない」

「いやいや、—–かもしれない」、、、、

深く問い掛ければ問い掛ける程、沢山の“かもしれない”が浮かびます。

「“かもしれない”=可能性」なので、とても素敵なことです♪

 

しかし!

邪魔する輩が登場することが!!

 

「そんなこと、あるわけないだろ!!」という、悪魔の声、、、。

…まぁ、自分の声なんですけど。

んー、

「変化を恐れている自分の声」と言った方が良いかもしれないですね☆

 

実はですね、

「本当に、○○…でしかないの?」と問い掛けること。

これって、自分を、意図的に「成長」させようとしているんです。

“意図的に”、この部分が重要!!

自分の力で、自分の「器」を拡げようとしているんです。

そして、

この作業の最大の敵は、「過去の自分」なのです。

 

「本当に、○○でしかないの?」という問い掛けを続けていくと、

思いも寄らない答えが返ってくることがあります。

その答えは、他の誰でもない、あなたが元々有していたものです。

…但し、「無意識の領域」で。

“無意識”とかいう、専門用語が出てくるとややこしくなりますかね。

要は、気づいていなかっただけのこと。

「不快な感情」という強烈なパワーの元では、見つけられなかった「自分の選択肢」です。

 

ここで、少し例をあげてみましょう☆

 

ドタキャンをされて、悲しかったと言う女性。

「ドタキャンされたことは、本当に悲しいことなの?」と尋ねる。

→悲しいこと。折角、準備をしていたのに、、、楽しみにしていたのに、、、と答える。

 

・「準備をしていたから、悲しかったのね。楽しみにしていたから、悲しかったのね。

ドタキャンをされたことは、本当に悲しいことでしかないの?」と尋ねる。

→…????、、、分からない

 

さぁ、彼女の中で、何が起きたでしょうか!?

 

この一連の作業、

ドタキャンをされて悲しいと「判断」した理由を客観視したんです。

彼女は、準備をしていたのに台無しになったことが悲しかった。

彼女は、楽しみにしていた気持ちを裏切られたから悲しかった。

“ドタキャン”、そのこと自体が悲しかったのではないのです。

“自分の準備が台無しになったこと”、“楽しみにしていたという気持ちを裏切られたこと”が悲しかっただけなんです。

 

じゃあ、「本当に悲しいことでしかないの?」という話。

台無しになったと最初は思った、準備。

「本当に、台無しですか??」

…別に、一人でもどこかに出掛けたらOKじゃないですか?

彼に見せる為に洒落込んだなら、画像でも送ったらいいじゃないですか?

“台無し”と「判断」したのは自分です。

そして、“悲しい”という感情にのまれて、自分で台無しにしたんです。

 

裏切ったと最初は思った、相手。

「本当に、裏切りですか??」

…相手は、あなたを“傷つける為に”ドタキャンしたんですか?

“裏切り”と「判断」したのは自分です。

そして、“悲しい”という感情にのまれて、相手を悪者にしたんです。

 

じゃあ、「ドタキャンは、本当に悲しいことなの?」という話。

最初は、“悲しい”と思ったかもしれない。

でも、

約束に縛られない“自由時間”を貰えたと「判断」することもできませんか?

一人だと準備も億劫になるけど、準備をする口実をもらって、準備まで出来た。

じゃあ、あとは自由時間を楽しもうよ♪

そんな、「発想の転換」も出来ませんか??

●大切な作業・心構え

心を癒す専門家|セラピーならRan-Ran「本当に、○○でしかないの?」と問い掛けた後の“大切な作業”。

それは、

自分の内側から出てくる「様々な可能性」を、一度「認める」こと!

今とは違う、他の「選択肢/考え方」

「-かもしれない/-でもいいかもしれない」、、、

今とは違う、「他の可能性」があることを、まず認めて下さい。

頭の中で打消しちゃう方は、紙に書き出してもいいですよ!

思いつくものを、良いとか悪いとか、そんなちっぽけな枠に捕らわれず

どわーっと書き出して下さい☆

未来が拡がるはずですよー♪

 

先程も言いました。

この問い掛けは、「意図的に自分を成長させる方法」なのだと。

否定したい/受け入れたくない/茶化したい、、、

それは、「過去の自分」がそうしているに過ぎません。

 

でも、そこから抜けましょう☆

「本当に、○○…でしかないの?」

“○○”という、「不快な感情」を抱かせる出来事でしかなかったのだろうか?

そこから「得るもの」は無かっただろうか?

それは、時間かもしれない。新たな選択肢かもしれない。

「可能性」は無限大です。

そして、それを「学び」と呼ぶのですよ☆

 

ネガティブだと“最初に”感じたものに、どっぷり浸かるのも自分。

ネガティブだと“最初に”感じたものを、心地好い方へ変化させるのも自分。

「発想の転換」を取り入れて、自分の人生を創り上げていきましょー♪

 

とはいえ、

難しいなーと感じる方もいるかもしれません。

そんな時は、Ran-Ranにご相談下さいませ。

心の専門家と一緒に、

あなたの「価値観」とじっくり向き合って、人生を創っていきましょー☆

 

 

いかがでしたか?

今回のテーマ、書き出してみると深かった!!

…なので、受け止めにくい方もいるかもですね。

中には、どんだけポジティブだよって詰りたい方もいるかもね。

 

でも、ここだけは分かってください!

マイナスだと感じるものの中にも、プラスの側面はあるってこと★

この“真実”だけは、忘れないで下さい。

 

そして、自力でプラスの側面を観れない時

それは、専門家の力を借りる時です。

どうぞ、苦しくて窒息する前に、ご相談頂ければと思います!!

「発想の転換力」を磨いて、人生を満喫しましょー★

 

最後まで ご覧下さりありがとうございました。

それでは明日も、あなたにとって素敵な1日となりますよーに☆

——

*当店の心理カウンセリング・セラピーについてはこちらから

*ご予約・お問い合わせはこちらから

*新月&満月をメールでお知らせ♪無料メルマガは、こちらから登録できます!