こんにちは!

心理カウンセラーのRan-Ranです。

いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、今日は3月11日。

東日本大震災から5年となりました。

被害に遭われた方へ、心よりご冥福をお祈り致します。

 

●震災を糧に生きる -教訓を未来へ

未来へつなぐ|悩み相談Ran-Ran5年の年月を重ねると、ここ被災地でも、3月11日に対するリアクションは様々で。

3月に入ると心がそわそわと落ち着かなくなる方もいれば、

震災関連のイベントに積極的に参加する方、

テレビの震災特集で3月11日を迎えたことを知る方もいる。

 

リアクションに差が生れていくのは、“今”を生きている限り仕方のないこと。

“風化”を悪いことの様に伝える場面もあるけれど、

人には人のキャパシティーがあるのだから許してほしいものです。

 

とはいえ、私は個人的に、

東日本大震災は、風化させてしまうには勿体ないものだと思っています。

“勿体ない”という言葉に語弊があるかもしれませんが…、

他に表現が思いつかないので、勿体ないと表現させて下さいね。

 

多かれ少なかれ、この震災を通じて学んだことがあるはずです。

ー『教訓』

あなたは、どんなことを学びましたか?

 

私は、

●万一に備えること

●ライフラインが当たり前ではないこと

●大切な人に毎日愛を伝えること

大きいのはこの3つです。

 

●万一に備えること

あの日、食料の確保に苦戦された方も多いのではないでしょうか。

私は幸運なことに食料を大量確保してからの震災でしたので苦労は無かったのですが…

あれ以来、避難用リュックをきちんと準備するようになりました。

フードセラピーを行うようになってからは、栄養バランスにも配慮した保存食を備蓄しています。

『より好く生きる為に備える』

大切な家族のために、今後も取り組みますっ★

 

●ライフラインが当たり前ではないこと

当たり前に使ってきた、水・電気・ガス。

これら全てがストップすると、こうも生活出来ないものかと痛感しました。

震災後初めて電気が灯った瞬間、

お風呂に浸かれた瞬間の幸福感といったら…!!

…でも人間って、ホントに慣れちゃうんですよね。

パチッ、ポチッで全てが操作できることに。

なので私は、せめて3月11日だけはライフラインにお礼を言うことにしています。

自然の恵みと人間の進歩に感謝を込めて

そうしていると、エネルギー問題にもシビアになってきます。

だから私は断言します、反原発っ!!

 

●大切な人に毎日愛を伝えること

「いってらっしゃい」と見送って、再び会える保証なんてどこにもないことを痛感しました。

突然の別れって、ホントに日常で起こることなんですよね。

震災後、多くの方のカウンセリングに携わる中で、たくさん胸を痛めました。

愛って、伝えたからって減るものではなくて、伝えたら伝えた分だけ増えるものです。

だったら、伝えられる内に伝えましょうよ♪

「好き」、「愛してる」、、シンプルな想いをシンプルに伝える!!

日々の生活の中で、大切にしたいことです。

 

心の専門家|セラピーならRan-Ran私にとって3月11日は、

大切なモノを改めて大切にする日です。

あの日があったからこそ、私の人生が、そして社会全体が真に豊かになったのだと…

そう心から笑える日が来ることを願っています。

 

あなたにとって、3月11日はどんな日ですか?

どうぞ、あなたなりの3月11日をお過ごしくださいね。

 

ご相談下さい|悩み相談Ran-Ran深い哀しみ、憤り、海や白い服への嫌悪感など、

震災に関する事柄でお悩みの場合にはぜひご相談下さい

トラウマの解消には、心の専門家のサポートが必要です。

どうぞお気軽にご相談下さいね。

 

最後までご覧下さりありがとうございました。

あなたの毎日がHappyに包まれますように★

 

ご相談下さい|悩み相談Ran-Ran心と体を癒し 願いを叶える場所♪ ~リラクゼーションサロンRan-Ran

豊富なリラクゼーションメニューで、あなたの“心からの笑顔”をサポートします*
●TEL:050-3825-2168
●営業時間 10:00-20:00(最終受付19:00)
●完全予約制/当日予約可/不定休
*お問い合わせフォームはこちら
(24時間受付) 友だち追加数