こんにちは!

心身カウンセラーのRan-Ranです。

いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、間に一回「新月ブログ」を挟んでしまいましたが、

有田秀穂医師の講演会のシェアの最終回です★

「幸せホルモン セロトニン」について理解を深めて、更なるHappy Lifeを送りましょー★

これまでの内容…

●セロトニン欠乏症チェック

●セロトニンについて

●セロトニン神経を鍛える方法

 

《セロトニン×○○でHappy Life》

●えっ!?セロトニンだけじゃダメー!?

way-out-man_2546922『幸せホルモン』と呼ばれる「セロトニン」。

でも、それだけでは効果が薄れてしまうことがあるのだとか…

実は、

“疲労”や“ストレス”が、セロトニン分泌を抑制させてしまうのだそうです!!

同じセロトニン神経を鍛える方法に取り組んでも、

疲労やストレスを感じた状態だと効果が出なかったことで明らかになったこの事実。

とはいえ、疲労やストレスは現代人の大きなお悩み!!

ということで、「セロトニン」の他に注目すべきホルモンのお話です♪

 

●『オキシトシン』が鍵

pink-floral-heart-vector-graphic_53-9643オキシトシンは、

「幸せホルモン」「愛情ホルモン」とも呼ばれる脳内ホルモンです。

母性本能や、他者との交流、安らぎを高める効果が明らかとなっています。

そしてこのオキシトシンは、

脳のストレス中枢を抑制する効果があり、セロトニン神経を活性化させるのです。

 

●オキシトシンを増やすには?

寄り添う親密な関係での「スキンシップ」をすることで、オキシトシンは分泌されると言われています。

親子間恋人・友人同士といった人間同士はもちろん、ペットを撫でるだけでも分泌されます。

また、肌と肌を触れ合わせる所謂「スキンシップ」でなくても、

親しい人との気兼ねない会話でも、オキシトシンは分泌されます。

特に夕方の「スキンシップ」は、オキシトシン分泌を大きくサポートします。

 

以前の日本人は、

子どもは日が暮れるまで友人同士で遊び、

女性は井戸端会議に花を咲かせ、

男性は同僚とちょっと一杯ひっかけて帰宅する…

それがスタンダードでしたので、ごく普通にオキシトシンを分泌させていました。

直接会わなくてもやり取りが簡単に出来てしまうライフスタイルの変化は、

ストレスを大きくする以上に、ストレス解消の機会を減らしてしまったことに問題があるのかもしれませんね。

 

●価値観の移行時代

心の専門家|セラピーならRan-Ran有田医師はこんな言葉で講演を締めくくりました。

『ドーパミン生活から、オキシトシン生活へ!!』

「ドーパミン」は、快感・欲求・報酬に関連するホルモンです。

一方「オキシトシン」は、幸せ・絆・仲間に関連するホルモンです。

ギラギラした生活に心身が疲弊しているからこそ生じる現代病は、

医療・医薬品ではなくて、

自分たちの価値観を変えることで解消しようというまとめでございました。

どうぞ今一度、あなたの生活を振り返ってみて下さい♪

セロトニン&オキシトシン、足りていますかー??

 

心身の不調は、放置しておけば悪化するばかりです。

今回の内容が、読んで下さったあなたの“好転”につながれば幸いです♪

 

メッセージ|セラピーならRan-Ranとはいえ、一人では難しいこともあるかと思います。

当サロンでは、

ボディケア心理カウンセリング各種心理セラピーを通じて、

お客様のリラックス&Happy Lifeのお手伝いをしています。

あなたのお悩みに応じて最適なプランをご提案致しますので、お気軽にご相談下さいね

 

最後までご覧下さり、ありがとうございました!

それでは明日も、あなたにとって素敵な1日となりますよーに★

うつ病、不眠症、不安感などを克服したい!とお望みのあなたへ!
当サロンは、女性セラピスト(心理カウンセラー)による心のサポートを行っています。
女性特有のお悩みも、安心してご相談下さい。
サロンへ来店が難しい方には、メールカウンセリング/電話カウンセリングも設けていますので、どうぞお気軽にご相談下さいね。

友だち追加数