こんばんは!

心理カウンセラーのRan-Ranです。

いかがお過ごしでしょうか?

 

阪神淡路大震災から、今日で20年。

ここ数日、テレビでの特集も多くあり、

様々な想いを抱いている方もいらっしゃることと思います。

 

過去に体験した痛み、、

“時間が解決してくれる”

こんな言葉が在るように、日常の中では、薄れゆく痛みもあります。

 

でも、“節目”を迎えて振り返った時、

その当時に感じた感情を思い出してしまったり、

平穏な毎日を生きている自分に対してざらりとした感情を覚えたり、、、

何とも言い難い体験をしている方もいらっしゃることでしょう。

 

そんな時にポイントとなることを、今日は綴ってみます。

 

●感情を味わいつくす

悩み|セラピーなら癒し空間Ran-Ran時間が経っても甦る感情、、、

多くの方は、

「いつまでも自分は…」と、

“平気”になれない自分を責めてしまいます。

 

では、どうして、

時間が経っても、その当時の不快な感情が甦ってくるのでしょう?

 

それは、

過去の出来事に、べたーっと“感情”がこびりついてしまっているからです。

 

そうですね、“反応”と似ているかもしれません。

インパクト(衝撃)が大きければ大きい程、

二度と同じ想いはしたくない!という防衛本能から、

二度と同じ体験をしない様に、“忘れない為の処置”を施してしまうことがあります。

 

その為、

過去の出来事にこびりついた“感情”を癒してあげない限り、

過去の出来事を思い出す度に、不快な感情を思い出すことになってしまうのです。

 

でも、大丈夫。

苦しい時を乗り越えた、“今のあなた”なら大丈夫。

怖がって拒否しなくて良い。

目を閉じて、自分のことを抱きしめながら、込み上げてきた感情を、そのまんま味わって下さい。

涙が込み上げてきたら泣いていい。

叫びたいなら叫んでいい。

不快な感情が大きい分だけ、自分を強く抱きしめて…

「もう、大丈夫だよ。」と、

“過去のあなた”を、“今のあなた”が包み込んであげて下さい。

 

不快な感情を味わったのは、“過去のあなた”です。

“今のあなた”ではありません。

今のあなたは、不快な感情を乗り越える事が出来たからこそ、今・ここに在るのです。

 

だから大丈夫。

“過去のあなた”を、優しく包み込んであげて下さい。

 

●教訓を見つける

発想の転換|セラピーならRan-Ran感情を癒すことが出来たらその出来事からの“学び”を見つけましょう。

教訓ともいいますね。

人は、

苦しい出来事に遭遇しても、そこから何かを学ぶことが出来た時、

“過去”を“経験”に変えることが出来ます。

そうすることで、

あなたのより好い未来を築くためのパワー(栄養)に変わります。

 

あなたが抱えていた苦しい出来事。

あなたはそこから、どんな学びを得ることが出来るでしょうか?

 

例えば私。

私は、東日本大震災を経験し、

「生と死は、常に隣り合わせであること」を痛感しました。

そして、私の教訓。

『笑顔でバイバイすること』

ケンカをしたまま、変に言葉を呑み込んだままその場を去って、

「次に会うときに/後でメールで…」と、

“後回しにすること”をしないと決めました。

伝えられないまま終わってしまう事があるんだと、分かったから。

 

少しずつでも構いません。

どうぞ、あなたのペースで、あなたの教訓を作って下さい。

苦しい経験は、肥やしに変えて何ぼですよー♪

 

フラワーセラピー|セラピーならRan-Ranいかがでしたでしょうか?

感情を味わうこと自分で自分を癒すこと教訓を作ること、、、

一人では難しいと感じ時は、どうぞRan-Ranまでご相談下さいね。

心の専門家(カウンセラー)と一緒に、不快な感情を“栄養”に変えていきましょう!!

 

阪神淡路大震災から20年。

私は当時、小学生でした。

テレビ画面を通じた世界は、まるで映画の様で、リアリティーが無かったことを覚えています。

それが、今テレビ画面で観る神戸の街並みの美しさ。

…20年。

長くもあり短くもあるこの時間で、ここまで出来るのかと感動します。

“震災を知らない子ども”と言うと、なんだかネガティブなイメージがありますが、

“震災が遭ったことを思わせない程に努力した人々が居る”という事だと、私は思います。

 

自分と同じ“痛み”を大切な人に味わわせない為に…

“痛み”は後世に残さずに、“教訓”を上手に伝えていける社会になると好いですね♪

 

最後までご覧下さり、ありがとうございました。

阪神淡路大震災の教訓から、耐震技術の向上を始め防災・減災に取り組まれている方々への感謝と、

あなたが今ここに生きていることへの感謝を胸に、

被災された方々のご冥福を祈って。

 

——

*当店の心理カウンセリング・セラピーについてはこちらから

*ご予約・お問い合わせはこちらから

*新月&満月をメールでお知らせ♪無料メルマガは、こちらから登録できます!