こんばんは!
パーソナル・セラピストのRan-Ranです。

今回は、前回の続き…
「“悩み”を“チャンス”に変える方法」です。
*前回をまだ読んでない方は、先にこちらをご覧頂けるとスムーズです!

——
chelsea_21270896さて前回、
悩みをチャンスに変えるには、
「悩みには、とことん向き合いましょう!」
とお話ししました。

さぁ、腰を据えて!
いざ「悩み」に集中しよう!
…そう思っても、どどーんと壁にぶち当たる事があります。

では、
その「壁」の正体は、何でしょう?

それは、
心理学的な言葉では、
「メンタルブロック」と言います。

中味を覗き込んでみると、
「感情」、「立場」、「条件」といったものたちです。

多くの方とのカウンセリング/セラピーの中で、
この3つが、大きいなーと個人的に感じています。

順番に、
1つずつ、掘り下げていきますね☆

 

〈感情について〉
・こんな事で悩んでいていいのかなぁ?
という、悩む事への「罪悪感」。

・もう、考えたくもない!
という、悩む事への強い「不快感」。

・諦めてますから…
という、これまでへの「やるせなさ」。

などなど。

「感情」は、大きく分けると「快」/「不快」の二つがあります。

「考える」ことの邪魔をする状態は、
頭(脳)に、「不快」がぴたーっとくっついている状態です。
(中にはね、悩むことが「快」になっていて抜け出せない方も居るのですが…
それはまた、別の機会に!)

では、この「感情」をどうするか!

まず1つ☆
それは、前回もお伝えしましたが、
「悩みは可能性につながるきっかけ」なんだと信じて、
「悩むこと」への、そもそものネガティブな感情を捨てることです。

「悩みの元」には、
解決したい!と願う程の「不快」がくっついています。
それなのに、
悩む事への「抵抗感」=更なる「不快」を上塗りしたんじゃ、
そりゃ、考えたくもなくなりますよね!?

なので、悩みは良い事だと信じましょう♪

そして、もう1つ☆
苦しいかもしれないけど、
どっぷり悩んだ方が、短時間で吹っ切れるともお伝えしましたよね?
なので、
悩む過程で浮上してきた「感情」にも、どっぷり浸かって下さい!

涙が込み上げれば、
とりあえず自然に止まるまで泣いちゃって下さい!

怒りが込み上げれば、怒りまくって下さい!
あっ、この時、他人には当たらずに(笑)
大声で叫んだり、
紙にブワーッとペンを走らせたり…。
怒りは、あなたが抱え込んできた悲しみの裏返し。
ドワーッと発散しましょう♪

感情は、あなたの心そのもの。
スルーなんてしたら、可哀想です。
存分に味わってあげましょう♪

〈立場について〉
・母親だから、元気出さなきゃと思うんですけど…
という、「家族」でのポジション。

・自分は、上司/部下なので…
とかいう、「社会」でのポジション。

私たち人間は、「社会性の動物」なので、
物心ついた頃から、「立場(ポジション)」を持ちます。

社会で…、「人間」として生きていくには、
大切なものですね。

でも、時にはもっと大切なことがあります。

それは、
「本当の自分」というポジションです。

「立場」なんてものは、
所詮、「付属品」に過ぎません。
あなたを説明する上で使われる、一個の「パーツ」なんです。

そう思ったら、
「立場」に振り回されるのって何だかなって思いませんか?

だから大切なこと。
「立場」はちょっと脇に置いて…、
…で、私はどうしたいのよ!?
と突っ込んでみましょう☆

 

〈条件について〉
感情を味わい、
立場を脇に置いて…
そうして考える過程で、
色々な思考が浮かんでくることでしょう。

あっ、いい感じにまとまりそうっ♪
そう思った矢先に、すごいブレーキがかかる。

いや、無理でしょ…
という心の声の降臨です。

これこそ、「条件」です。
勝手に、自分に条件をつけて、無理だと決めつける。

一見、「賢い」生き方に見えるかもしれません。
「無茶」はしませんから。
でも、あまりにも度が過ぎると…生きていても楽しくないと思います。
厳しい言い方をするなら、
「賢い」のではなく「子利口」。

生き物は、
生きている限り「進化・成長」し続けることが、
自然の摂理です。

なので、自然の法則に則って「素直に」生きる為に、
自分に突っ込んでみる。

…で、私は、本当はどうしたいの!?
って。

(「立場」の時と似ていますよね?
そう、「立場」も「条件」の一種なんです。)

で、突っ込んでみると、
「本当はさ…」と呟きたくなることが出てきます。

そしたら、
とりあえず、「良い」「悪い」という「判断」は後回しにして、
その「本音」を掘り下げていきましょう!

この時も、慣れるまでは紙に書き出してみても良いと思います。

ダーっと箇条書きでOKなので☆

思い付く限り書き出したら、
「一番しっくりくる」ものを選択しましょう。
そして、その「本音」を、
限りなく「理想形態」に近づけた形で、
「現実化」させる道を考えましょう!

そうすれば、
抱えている悩みを、上手にチャンスへと活用できますよ♪

——
悩む上で浮上する、
「感情」「立場」「条件」。
これらを一言でまとめるなら、
「余計なもの」です。

だから、上述したような方法で「手放す」と、
スーっと考えがまとまります。

でも、慣れるまでは、一人で行うことが難しいこともあります。

残念ながら、敵はね、自分の中に居ることもあるんです。

だから、
私たち、カウンセラー/セラピストが居るわけです。

特に、セラピーは、
余計なものを手放すには、最良の手段だと思います。
あなたの深い部分、
潜在意識へアプローチしますので、
現実的な「理屈」に振り回されないんですよね♪

私は、昔からお花が好きなのと、
性に合っているので、
「フラワーセラピー」を扱っています。
「自然療法」で、
余計なものを手放したいなーとか、
心を楽にしたいなーと思う方は、
Ran-Ranへご相談頂けたらと思います♪

——
はい、今日のまとめです!
悩みをチャンスに変えるには…、
『余計なものは手放して、
本当の自分へ問い掛けるべし!』

そして、
一人で大変だったら、
理屈は捏ねずに、
カウンセリング/セラピーを試してみる!
です。
そんな「選択肢」を、あなたの頭の中にしまっておいてもらえたらと思います♪

次回は、
悩みをチャンスに活かすための「行動」について、お話ししたいと思います。
お楽しみに♪

最後までご覧下さり、ありがとうございます。
それでは明日も、あなたにとって素敵な1日となりますよーに☆

——-

*Ran-Ranのセラピーについては、こちらから

*ご予約・お問い合わせはこちらから