こんばんは!

パーソナルセラピストのRan-Ranです。

いかがお過ごしでしょうか?

 

“心の元気”について連載しているこの頃。

前回は、“感動”が大切な理由についてお伝えしました。

とはいえ、

忙しい日常を送っている中で、「感動を大切にしよう!」とだけ言われても困ると思いますので、

今回は、忙しい日常の中でも出来る“感動を創る方法”をお伝えしていきますね♪

 

●“拍手”を取り入れる

イキイキと輝く女性|セラピーならRan-Ran「なんだか、毎日同じことの繰り返し…」、そんな風に感じていませんか?

実はこれ、とーってもストレスを感じている状態

前回お伝えした通り、“退屈”は非常に心身に負担を掛けます

 

では、なぜ同じことを“繰り返している”様に感じるのか?

それは、

仕事も、家事も、育児も…“終わり”がない事が多いからです。

「キリが無い」というのは、実はとっても苦痛なことなのです。

 

そこで大切なのは、“終わり”を作ること★

仕事の一区切り、家事の一区切り、育児の一区切り、、、どんな行動であれ、一旦、“区切り”が訪れるはず。

そのタイミングで、「はい、がんばったー!!」と自分に拍手をする…これだけ♪

 

バカらしいと思いますか?

でもですね…

私たちは、子どもの頃からの経験で、「拍手=承認の証」であると学んできています。

誉められたり、発表をし終えた時に、拍手を送られた経験はあるかと思います。

脳は、この時の“喜びの記憶”をきちんと覚えています。

なので、拍手の音を聴けば、なんとなーく“いい気分”が甦ってくるのです♪

 

しかも、こうして意識的に「一区切りの儀式」を作ると、

「キリが無い」というストレスから解消される上に、“達成感”という感動も生まれるのです♪

いつもと同じことをしていても、

「拍手」というひと手間を加えるだけで、生活が豊かになっちゃいますよー★

 

●“器”に盛る

食生活|心理セラピーならRan-Ran市販のお惣菜やお弁当、ペットボトルや缶の飲み物…

“栄養”などを考慮すれば、本来は避けてほしいものですが…こういったものに頼りたい時もありますよね?

そんな時は、

洗い物が一つ二つ増えても、“器”に盛り付けだけはしましょう!!

 

というのも、

人間は“五感”で食事をします。

”で料理を見て、

”で料理の音を聞き、

”で匂いを嗅ぎ、

肌”で温度を感じ、

口”で味わう。

という感じに。

 

プラスチックの容器に入ったままの食事よりも、お皿に盛った食事の方が美味しく感じる。

それは、“目”でも食べているから。

ペットボトル/缶のまま飲むよりも、コップについだときの方が美味しく感じる。

それは、“鼻”でも食べているから。

“五感”を刺激した方が、トータルの満足度が上がるように出来ているのです★

 

忙しい時は、洗い物が一つでも増えると、うっとうしく感じるかもしれません。

…でも!

お皿を一枚洗う手間よりも、得られる“満足度”の方が大きいと思いますよー♪

お気に入りのお皿やコップがあると、更に良いですね♪

直ぐにできることですので、疑う前に試してみて下さいませ!

 

●まとめ

まとめ|心理セラピーならRan-RanRan-Ranがご提案したい、日常で簡単に出来る“感動創り”は…

・「拍手」という意図的な“区切り”を作って、達成感を味わう♪

・「器に盛る」というひと手間を加えて、満足度を高める♪

です。

“小さな感動”をたくさん味わって、どうぞ心豊かな生活を送って下さいねー

 

メッセージ|セラピーならRan-Ranまた、中には、

「何を食べても美味しくない」とか、

「何をしていても楽しくない」とか、

“心が動かない”ことでお悩みの方もいらっしゃると思います。

それは、心がSOSを発している合図です。

大切なサインですので見逃さずに、私のような“心の専門家”に相談して下さいね。

一緒に、乗り越えていきましょう♪

 

次回は、“心のケア”につながる運動のお話をお伝えしたと思います。

お楽しみにー!

最後までご覧下さり、ありがとうございました。

それでは明日も、あなたにとって素敵な1日となりますよーに★

 

「最近、元気が出ないなー」とお悩みのあなたへ!
当サロンは、女性セラピスト(心理カウンセラー)による心のケアを行っています。
女性特有のお悩みも、安心してご相談下さい。
サロンへ来店が難しい方には、メールカウンセリング/電話カウンセリングも設けていますので、どうぞお気軽にご相談下さいね。

友だち追加数